2019年10月

嗚呼、八ッ場ダム

あの八ッ場ダムが下流の群馬住民を救ったとのこと。台風19号豪雨により各地でダムの緊急放流が行われ、河川の決壊が多数頻発し、多くの住民が洪水被害に見舞われている。八ッ場ダムは来春から運用開始の予定だった。10月1日から貯水試験を始めたばかりだ。ところが、この豪雨を受け止め水位が一気に54m上昇し、満水時の水位まで10mに迫ったとのこと。勿論台風によるダムの被害は確認されなかった。建設が間に合って良かったと思う。八ッ場ダム建設の歴史は長い。昭和22年に多くの死傷者を出したキャサリン台風が事の発端だ。台風被害から首都圏を守るため昭和27年に計画された。その後紆余曲折あり計画が延び延びになったが、最大の山場は民主政権の前原元国交相だろう。地元住民も建設を了承し工事が始まったのに、前原が関係者の意見を全く聞かずに、公約だからという理由で一方的に建設の中止を明言した。その後一切の予断を持たずに再検証を実施することになり、最終的には民主政権の前田元国交相が建設継続を決定した。いい加減な公約だと思う。もし前原がもっとゴネて長引いていたら、建設中の八ッ場ダムは崩壊し、大惨事になっていたかもしれない。でも前原が戦犯であることは間違いない。

0 コメント

ダムの緊急放流と死水域

台風19号による記録的豪雨が降り続いている。テレビでは、各地のダムで緊急放流が検討されているという。昨年の西日本豪雨では、愛媛県のダムが緊急放流したため下流域が氾濫し犠牲者が出たことがあった。大雨で川が増水して堤防が決壊寸前のところに、何故追い打ちをかけて緊急放流すのだろうかと不思議に思っていた。テレビでは、これ以上水を溜め込むとダムが崩壊する危険があるので、ダムに流入する分だけ放流するのだという。自分はダムの下流域に住んだことがないので、緊急放流の仕組みを知らない。だから緊急放流は非情だと思っていた。ところが、調べてみると、テレビの説明が不親切であることが分かった。大雨の予報が出ると、ダムは予め水位を下げて貯水量を大きくする準備をするのだ。そして下流の増水を調節する。それでも、容量以上の流入があると予測されれば、下流域の住民が避難出来るよう時間を与え、崩壊寸前まで持ち堪える。臨界に達すると流入する分だけ放流し、ダムの調整機能は終了することになる。ダムの緊急放流の仕組みは分かった。でも新たな疑問が湧いてきた。ダムの下部には土砂が溜まってしまう死水域がある。定期的に土砂を取り除かないとダムがダムの役目を果たさない。今回の緊急放流に関して、死水域の管理に問題は無かったのだろうか。

0 コメント

ヘッドギアあれこれ

ヘッドギアの用途に新顔が登場した。ヘッドギアと言えば頭部を怪我から守るラグビーが元祖だ。オカルト教団の洗脳器具として名を馳せたこともある。山梨大学ではヘッドギアで脳波を測る研究が盛んだ。こう見ると、ヘッドギアは年々進化を続けているようだ。それが今回更に進化した。米国では、アルツハイマー病などの神経変性疾患に対する新たな治療法として、ヘッドギアに電極を装着し脳に刺激を与える経頭蓋電磁気療法の研究開発に取り組んでいる。軽度から中等度の63歳以上のアルツハイマー病患者8名を対象に、2ヶ月にわたり、1日2回、各1時間の電磁気療法をした結果、認知機能が向上し、たった2ヶ月で1年前の症状に戻ったという。研究者らは、電磁波によりアルツハイマー病につながるアミロイドベータタンパク質やタウタンパク質が脳細胞内で凝集するのを防ぐためと考えている。そのうち、老人施設では全員がヘッドギアを着け生き生きと暮らし始める時代が来るのかもしれない。

0 コメント

警戒レベルの見直しを

狩野川台風に匹敵する台風19号が間近に迫り、携帯電話に大雨や洪水や土砂崩れや竜巻についての注意情報が飛び込んでくるようになった。そこで内閣府の防災情報に記載されている警戒レベルの内容を今一度確認することにした。住民がとるべき行動を5段階に分け、情報と行動の対応について明記されている。警戒レベル1は心構えを高める、レベル2は避難行動の確認、レベル3は高齢者は避難、レベル4は避難、レベル5は命を守る最善の行動、とある。だが、レベル5が発令されたどの災害を見ても避難するのは極一部の人だけなのが実態だ。この警戒レベル1~5は実態に即していない。レベル1と2は不要。レベル4の避難勧告と避難指示は内容が曖昧だ。避難勧告とは「避難を促す」で、避難指示とは「避難しなさい」という意味にとってしまう。でも実際は前者は「避難しなさい」で、後者は「今すぐ避難しなさい」という意味だという。紛らわし過ぎる。レベル5はレベル4と文言は違うが、行動は同じだ。警戒レベルは伝わり易いように簡素化した方が良い。レベル1は高齢者の避難、レベル2は避難の推奨、レベル3は全員に避難命令。この方が、危険度合いがダイレクトに伝わると思うのだが。

0 コメント

台風への事前対策

台風19号が秋の3連休を直撃する見通しだ。台風15号の酷さに懲りて、各方面で事前対策が進んでいる。JRは台風15号の大混乱を少しは反省したようだ。金曜の昼までに土曜の計画運休を決めるという。秋は行事が花盛りだ。ラグビーW杯は12日の試合を中止し引き分け扱いにした。体育の日にちなんで運動会も多い。鴻巣市では市民体育祭を中止した。東工大は大学祭の模擬店を中止しライブも止める見通しだ。富士宮市の朝霧JAMも中止を決めた。長良川鵜飼も増水の恐れがありキャンセルが相次いでいる。秋は結婚式シーズンでもある。しかも13日は吉日大安。1年以上も前からこの日を予約していたカップルも多いことだろう。だが、招待したお客は出席出来るだろうか。残念ながら結婚式は延期出来そうもない。両家は心中穏やかではないはずだ。そう言えば、十数年前、次男の結婚式も台風に見舞われた。途中で早期帰宅のため退席される方もいた。新郎新婦はずぶ濡れになりながら2次会会場に向かったと聞く。自分たちも閉鎖寸前の高速を通ってタクシーで命からがら帰宅した。13日に結婚される方々は、人生でもうこれ以上の困難は無いと信じるほかはない。

0 コメント

羮に懲りて膾を吹け

台風19号が発達している。台風15号以上に猛烈だという。しかも、四国から関東が通過予定とされている。もし、台風15号並みに房総半島を襲ったらどうなるのだろうか。台風15号被害では、森田千葉県知事の対応の遅れが非難されている。被害後も高速道路や五輪の会議に出席し、被害への対応はゼロ。遅れに遅れを喫し存在感も無い。しかも県の対応への批判に対し「誰が悪い、これが悪いではない」と宣い反省する様子もない。言い換えれば、こんな奴がいなければ、少しは真面な事後対応が出来たというように非難されているのだ。タレント知事は実務に疎い。部下から上がる情報と助言を待って、形だけの指示を出す。助言が無ければ知事室でジッとしているだけ。だから、これ幸いとノコノコとお気楽な会議に出かけたのだろう。千葉県の山林は、杉が病気になり強風に弱いし、所有者不明の土地が多い。普段から県内の問題点を認識していれば、行動に移せたはずだ。森田はそのまんま東宮崎県前知事の形だけを追っていただけだと思うと妙に納得する。台風19号が近づいている。森田に限り「羮に懲りて膾を吹く」を座右の銘とすべきと思う。

0 コメント

香港事情

香港の雨傘運動が過激化している。何と非番の警官が拳銃で高校生を撃ち重傷を負わせた。何故雨傘運動は過激化しているのだろうか。要因は2つ。1つは、中国政府が一国二制度継続の約束をねじ曲げ香港を中国体制に変えようとしていること。もう1つは、ITによる中国政府の人民掌握ということだと思う。香港行政長官選挙は2017年から1人1票の普通選挙に移行するはずだったが、中国政府が立候補者に条件を付けたため、学生が平和的に抗議に立ち上がった。その後犯人引渡条例に反対した市民が立ち上がった。更に香港政府は緊急状況規則条例を発令して覆面禁止法を発動した。諸悪の根源は、中国政府の一国二制度潰しにある。一方中国のIT進化は目覚ましい。中国人民13億人がITにより監視されているという。香港では公共乗り物に乗る時は香港版suicaを使うのが常識だ。だが、デモに参加する時に香港版suicaを使うと、身元が特定されてしまう。だからデモ参加者は現金払いで行くのが常識になっている。そんな時、覆面禁止法が発動された。覆面を取れば身ぐるみを剥がされてしまうと考えるのは当たり前だ。だから、香港の青年たちは猛烈に反対している。でも、日本のマスコミは裏事情を明かすことはない。ただ、ただ、香港の過激さを報道するだけ。余りにも偏向し過ぎていると思う。

0 コメント

子供は動物好き

タイの国立公園の滝にゾウが次々と転落し6頭が死んだとのニュース。ゾウの鳴き声が園内に響き渡り、公園職員が捜索したところ、滝で3歳くらいの子供のゾウを含む6頭が死んでいるのが見つかったとのこと。当局は、先に滝に落ちた子供を助けるため、親や仲間のゾウが近づいて転落したり、溺れたりしたと推測している。近くの岩場では衰弱したゾウ2頭も見つかり、ロープを使って安全な場所に移したという。ゾウはタイで神聖な動物とされている。神聖とされる理由が分かるような気がする。獅子は我が子を千尋の谷に落とすという諺がある。生まれたばかりの子を深い谷に落とし、這い上がってきた生命力の強い子供のみを育てるという言い伝えだ。転じて、本当に深い愛情をもつ相手にわざと試練を与えて成長させること、という意味になっている。人間社会では、躾けと称し子供を虐待死させた両親の裁判が行われている。この父親は、子供を思ってのことと主張しているが、己の満足のために行ったのは明らかだ。動物は子供のためなら我が身を投げ出すのに、人間は自己満足のために子供を殺めることもある。子供が動物好きなのは生まれ持った防衛本能なのかもしれない。

0 コメント

お主も悪よのう

関西電力の役員20人が高浜町元助役から3.2億円を受け取っていたばかりか、発注先からも金品を受け取っていたことが判明し、マスコミは大騒ぎだ。50万円の背広仕立券とか金の延べ棒とか小判とか、まるで越後屋の「お主も悪よのう」を彷彿とさせる。まさに原発マネーの一大劇だ。原発マネーは関西電力だけではない。九州電力では、玄海原発がある佐賀県玄海町の前町長が弟の建設会社に17億円の原発工事を受注させて原発マネーを町長に環流させていたし、福島第1原発がある福島県双葉町でも元町長が自分の建設会社に受注させていた。そこで、経産省は電力会社12社にコンプライアンスの徹底を通達した。だが、1週間も経たないうちに菅原経産相は「8社からこのような事案はないとの回答があった」と言ってのけた。こんな短期間に調査出来る訳がない。明らかにアリバイ作りだ。経産省が早期幕引きを図っているのは間違いない。関西電力については橋下元大阪市長が全容解明のリーダーになるという噂もある。是非とも、これを機会に全電力会社の原発マネーを解明してほしいものだと思う。

0 コメント

プロ中のプロ

藤田菜七子騎手がG2東京盃で悲願の重賞初制覇を果たしたとのニュース。JRA所属の女性騎手が重賞を勝利するのは初めてとのこと。実は、自分は競馬にはあまり興味がない。何故菜七子騎手は騎手として成功したのかに興味がある。菜七子は先月、自身が昨年に樹立した女性騎手のJRA年間最多勝記録を更新した。今年の新潟競馬場での騎手成績でも並み居る男を抑えて15勝しトップに立っている。JRA唯一の女性騎手として注目を浴び続けながらも、結果を残し続け、今では女性の枠を超えて1人のジョッキーとして評価されるようにもなっている。騎手生活に突入したのが4年前。当時同期の女性騎士が何人か入り、ニュースになった。でも菜七子だけが生き残り、かつ活躍している。プロフィールを見ると、1メートル57、46キロ。血液型A。空手初段、剣道2段。趣味は読書と音楽鑑賞。何処にでも居る普通の女の子だ。その女の子が騎士になりたいからといって、なれるものではない。努力をしたからといって、結果が報われるものでもない。でも、なった。きっと、どの世界にも、その道の眼識を持った人物が、素材の善し悪しを見極めているのだろう。プロ中のプロとは、そういう人物なのだろう。

0 コメント

建国70年の果て

中国建国70周年を迎え、北京の天安門広場で軍事パレードが行われた。兵員数、戦車、ミサイルなど過去最大規模のパレードだった。習主席は「中国は世界の東方にそびえ立ち、いかなる勢力も中華民族の前進を阻むことはできない。我々は平和発展の道を堅持し、ウィン・ウィンの開放戦略を実施する」と訓示した。習主席の野望は、中華民族の偉大なる復興、社会主義現代化国家の樹立、世界一流の軍隊の建設と言われている。言い方を変えれば、漢民族による少数民族への弾圧、共産党富裕層による国家権力の独占、他国に有無を言わせぬ軍事支配といえる。最大規模の軍事パレードは、兵力の増強こそが正義だと言わんばかりだ。訓示との乖離が余りにも大きすぎる。中国の報道官のコメントを聴くといつもそう思う。外国がウイグルやチベットの迫害を問題視すると、必ず報道官は「内政干渉するな」と言う。だが、少数民族の迫害は、中国内部の問題ではなく、人類に共通した人権問題だ。人権問題を内政干渉で覆い隠そうとする体質と、軍事力増強で他国を支配することが平和とする体質が現代版中華思想の根幹なのかもしれない。

0 コメント

実用化される革新的ガン検出法

このブログに4年前に書いた「夢のガン識別技術 」が来年実用化されるとのニュース。この技術は、線虫がガン患者の尿に集まる性質を利用したもの。健康診断と同じで僅かな尿で検査が出来る。線虫の飼育コストが安いため検査料金は1万円と極めて安価。検出感度は85%と高い。一度の検査で全身の15種のガンリスクを調べることが出来る。ステージ0、1の早期ガンも検知可能。わずか1滴の尿で検査ができるため、 身体的負担が無い。と、良いことずくめだ。日本のガン検診率は30%と低いが、この技術で欧米並の80%を目指すという。研究の資金援助などを行ってきた久留米市の市長は「あまりにも革新的すぎて、医療制度になじみづらいところもある」と絶賛している。是非とも早期に健康診断に取り入れ、人類の健康保持に役立ててほしいものだと思う。

0 コメント

習志野カントリーあれこれ

台風15号の被害を被った千葉県の印西市にある習志野カントリーに行ってきた。だが、台風進路の左に位置したせいか幸いに、近隣に倒木やブルーシートを被せた家は無く、ゴルフ場内も台風による異変は殆ど無かった。でも、異変は間違いなく存在していた。習志野カントリーでは10月下旬にPGA GOLF TOUR「ZOZO CHAMPIONSHIP」が日本で初めて開催されることになっている。その準備が急ピッチに進められている。キングコース10番ホールの横にある18番ホールのサブグリーン上には観覧席の土台となると思われる大掛かりな鉄骨が組まれている。現役のゴルフ場でこれ程大掛かりな工事は見たことが無い。それが数ホールあった。練習グリーンは規制され、アプローチ・グリーンも禁止されていた。準備工事はPGAが担当しているらしい。作業員は外人ばかりだ。その従業員が右往左往動くので、ゴルファーはその合間をくいくぐる。工事を尊重しながらのプレイになる。コースはPGA仕様になっているから、フェアウェイは狭く、ラフは殊の外深い。ラフに入るとロストになるのは必然。反面ラフで他人のロストボールを見つける事も多かった。これ程酷いのにビジター料金は、普段の1.5倍。ゴルフ場は一体何を売り物にしているのだろうかと思った。でも、18番ホールのPGA仕様のフカフカのバンカーの中からウッソというほどのショットを放った。松山英樹もタイガーもマキロイもミケルソンも打つのが出来るのだろうかというショットだ。ゴルファーの生きがいはここにあると思った次第。

0 コメント