敬老の日に思うこと

今日は敬老の日。国民の祝日だ。16年前までは、敬老の日は9月15日だった。15日であることは今から約50年前に定められた。敬老の日のルーツを辿ると面白い。敬老の日の始まりは昭和22年に兵庫県の村が敬老会を主催したのが初めと言われている。終戦後それまでの苦労に感謝して9月15日を「としよりの日」とし、55歳以上が対象になった。その後昭和38年に老人福祉法が制定され9月15日が老人の日、9月15日から21日までが老人週間として定められた。そして50年前の敬老の日に続く。更に、16年前のパッピーマンデー制度によって9月の第3月曜日に追いやられた。このように敬老の日は軽く扱われ浮き草状態なのだ。自分は今71歳になるが、敬老の日の対象年齢が何歳なのかも知らない。自分は自分を年寄りとは思っていないから、敬老の日などどうでも良いのだが、少し気になることはある。世間全体に昔に較べ年寄りを敬う意識が希薄になっていると感じる。人生の先輩を大切にしない、というより軽んじたり邪魔者扱いすることもある。この風潮は如何なものかと思う。人間は先人に学び成長するものだ。先人を疎んじれば報いがくる。世情は脱線し始めていると思う。

0 コメント

パクリとヤラセ

池上彰のパクリ疑惑とヤラセ疑惑が浮上しネットを賑わしている。発端は「池上彰スペシャル!」で子役タレントにヤラセで政治批判をさせたこと。これを機に、池上が有識者に取材し得た情報・意見を、池上自身の意見として放送したパクリが発覚しつつある。徳島大の教授や多くの知識人が抗議の声を挙げ出した。今やSNSでは「#いけがmetoo」のハッシュタグ付きで非難轟々の有様だ。池上といえば、20年ほど前に「週刊こどもニュース」でニュースに詳しいお父さん役で人気があった。極めて分かり易く話す手法がヒットした。NHKを退職した後も、個人で小さな事務所を借りて、コツコツ調べて発信しますと謙虚さがあった。だが今や超人的な活躍だ。池上に知らないものは無いという程の勢いだ。でも、所詮は物知り博士でしかない。全方位を熟すには無理がある。オールマイティーだと錯覚してしまったのだろう。昔は世の中の動きに掴まって振り回されながら生きていたのに、いつの間にか、その中心が自分だと思い間違えしてしまったようだ。だから、自分の意見は自分のもの、他人の意見も自分のものというジャーナリストとしてはメクラ状態に陥ってしまったのだろう。でも、このような事態が起きることは十分予測出来た。予測よりも長続きしただけだ。単に池上は分相応の矩を超えたということだろう。

0 コメント

パワハラ社会の行方

パワハラ糾弾の嵐が収まりそうもない。この1年間だけでも、横綱日馬富士の暴行事件に始まり、アメフトの内田日大監督、ボクシングの山根会長、体操の塚原夫妻、そして今度は重量挙げの三宅会長と続く。スポーツ界はパワハラのオンパレードだ。いや、スポーツだけではない。スルガ銀行のシェアハウス融資も立派なパワハラだ。連日昼間のテレビの情報番組では、これでもかとこの種の番組を組み、パワハラの凄さを報道している。でも、見ていて楽しいものではない。だから同じような内容が放送されると、チャンネルを換えるか、消してしまう。もう、ウンザリなのだ。視聴者は満腹なのに、放送局は視聴率欲しさに、これでもかと腹に詰め込む。そういう構図なのだ。でも、見たくはないが見てしまう。何故なのだろう。考えてみると、答えは簡単だ。視聴者の誰しもが、パワハラに遭った経験を持っているからだ。そもそも日本社会はパワハラ社会なのだ。自分にも経験がある。70歳を過ぎリタイヤした今でも、現役時代にパワハラをした上司を思い出す。自分は温厚な方だと思う。でも、生まれ変わって、立場が逆になったら彼奴を徹底的にいじめてやろうと心に決めている。誰にとってもそんな奴はいる。しかし、テレビ報道は、既に行き過ぎて魔女狩り状態になっている。そろそろ視聴率狙いは止めた方が良い。次なるステップは、本物のパワハラを如何に撲滅する方法があるかの特集だ。このステップに進むことが出来ればテレビの視聴率は飛躍的にアップすると思うのだが。

0 コメント

大腸がんアレコレ

国立がん研究センターが、新たにがんと診断された人は86万7千人で、過去最多を更新したと発表した。部位別では大腸がんが胃がんを抜きトップに躍り出たとのこと。大腸がんは、食の欧米化が要因の一つで年々増加する傾向にあり、一方胃がんはピロリ菌感染者が減り減少傾向にあるという。大腸がんは殆どポリープから生まれる。でも、大腸がんは、がんの中でもタチが良い方だと言われている。便潜血検査と内視鏡検査で早期発見すれば殆ど治るからだ。治せるはずの大腸がんで毎年5万人もの人が死んでいる。おかしな話だ。でも、やはり内視鏡検査には抵抗がある人が多いのだろう。かく言う自分も内視鏡検査はいやだ。まだ、したことは無い。便潜血検査で異常が出てから考えようと思っている。一方でこの内視鏡検査のやり方でイグノーベル賞を受賞した人がいる。駒ケ根市にある病院の医師が、座った姿勢で大腸の内視鏡検査を受けると苦痛が少ないことを自ら試して受賞した。座った方が簡単で痛くないとは言うが、ちょっと恥ずかしい。ちなみに、この病院ではこの方法は採用していないとのこと。でも如何に苦痛を和らげさせたいかの熱意が伝わってくる。試した先生には敬意を表したい。

0 コメント

仕事の出来ない大臣

このブログでは野田総務相のことを何度か取り上げている。見返してみると、信念が無く、大した仕事もしていないことが良く分かる。野田が「ふるさと納税は存続の危機にある。ショッピングではない」と語気を強め、規制強化に動き出した。昨年総務省が「返礼品の調達価格を寄付金の3割以内に抑えるよう」通達を出したが、守らない自治体がある。業を煮やしたらしい。守らない自治体名を公表し徹底抗戦の様子だ。だが、待てよ。このブログ「アッパレ!返礼規制の撤廃」によると、野田は総務相就任時に「3割規制を撤廃する方針」を表明している。何と1年足らずで180度の方針転換なのだ。これ一つ取っても信頼の置けない人物だと分かる。では、野田の言うように「ふるさと納税は存続の危機」にあるのだろうか。存続の危機など全く無い。ただ、税金を指揮下に置いて配分をコントロールする者にとっては面白くないだけの話だ。野田はNHKの定義付けも出来ず野放し状態に放っている。スマホ料金の値下げも出来ず菅官房長官に後ろから撃たれた。挙げ句の果てに、権力を私物化し機密漏洩問題を起こした。総裁選出馬など夢のまた夢。大臣を外れ、真摯に己を見直し、今後の身の振り方を考えるべきだと思うのだが。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。