東京五輪中止の真偽

IOCが3月25日に東京五輪開催を来年7月23日に延期した。このブログ「第二のクーベルタン 」に、新型コロナウイルスが終息せず1年後開催には無理があり、2年後か中止にすべきだと書いた。ところがMONEY VOICEの記事によると、実際にはすでに中止が決まっており、IOCからJOC・安倍首相に通達済みとの情報があるという。いま公表するとパニックになるため、安倍首相が発表を渋って、5月に公表することで決まっているという話だ。真偽は定かではない。でも、常識的に考えると、明日にも緊急事態宣言を出そうとしている状況から考えても、1年後の開催は全く不可能と断言出来る。もし、3月25日に中止と公表していた場合、パニックになったのは誰だろう。一部の国民は落胆したかもしれないし、良かったと思った人もあったかもしれない。パニックになったのは、まさに安倍本人に違いない。本人の政治的都合なのだ。でも、その事実を知らずに五輪出場を目指す選手と五輪再準備を行う職員たちは悲惨だ。中止が公表されるまで無駄な過酷な努力を続けることになる。もし安倍が5月に中止を公表すれば、大バッシングが起きることになりそうだ。

0 コメント

不発の緊急事態宣言

東京都の新型コロナウイルス感染者が118人となり初めて3桁に達した。しかも81人は感染経路が分かっていない。医療崩壊寸前だ。小池都知事は何回も緊急事態宣言を要請している。日本医師会は医療危機的状況宣言を発表した。財界内にも緊急事態宣言しかないとの意見が多い。小泉元首相も安倍に引導を渡した。だが安倍は未だに「ギリギリ持ち堪えている」とコメントを繰り返している。安倍が宣言を躊躇しているのは経済への影響だろう。このまま感染が下火になればギリギリ持ち堪えたことになるが、事態は深刻だ。最早宣言を出しても爆発感染は免れず手遅れの状況にあると思われる。爆発感染に至り医療が崩壊すれば、宣言以上の経済危機が生じることは誰でも理解出来る。野党は宣言は補償とセットでと安倍に迫っている。全てを補償するなど不可能だ。野党の要求は弱みにつけ込んだ暴力団の嫌がらせのように映る。言葉を換えると、野党が宣言を抑制しているとも言える。でも結論から言うと、安倍の優柔不断が招く医療崩壊と経済悪化ということになる。世論調査で「信頼が置けない」安倍が、身をもって信頼が置けないことを証明することになりそうだ。

0 コメント

続:畏るべし日本の数学者

2年前に書いた「畏るべし日本の数学者 」の続き。数学の難問であるABC予想が証明されたというニュースだ。望月京大教授は2012年にABC予想を証明したとする論文を発表したが、難解なため査読が難航し、2017年になって世界的権威のある数学誌PRIMSに掲載されることになった。ここまでが2年前に書いた事だった。ところが、その後更に査読が難航し、今日になってようやくPRIMSに掲載されることになったという。世界の数学者ら間では証明になっていないとする意見も多い。でも少なくともPRIMSを編集する京大は証明の正しさを認めた形だ。世界レベルで認定されるには、まだまだ時間がかかりそうだ。望月教授は「今我々が持っているICカードの技術は200年前に導き出された楕円関数論に基づいている。今回の論文が将来の人類にイノベーションを与えてくれる可能性は大いにある」とコメントしている。数論における数多の有名な予想や定理がABC予想から直ちに導かれるという。世界的に認定されれば「数学のノーベル賞」と言われるフィールズ賞受賞も夢ではなさそうだ。まさに畏るべし日本の数学者。

0 コメント

焼け石に水

新型コロナウイルスで生活に困窮した人が増えている。自民や公明は全世帯に一律5~10万円を支給すると主張しているが、その一律自体に問題がある。一律は一見極めて公平だ。だが本来は困窮している人だけに支給されればよいもの。しかし困窮している人の定義が難しい。仕事を解雇された人は職安経由で失業手当を手にすることが出来るが、減給は対象外だ。しかし、現実社会は雇用契約で成り立っている職業だけではない。むしろ、雇用契約が無いのに仕事を打ち切られた人は悲惨だ。今考えなければいけないのは、こういう人への処遇だと思う。こんなことを考えているとき、政府か自民かは知らないが「所得が減少した世帯に対し、30万円を支給する方針」を示したとか。一人ひとりの所得を把握するのは難しいので自己申告制にするという。給付の際には、所得が減少したことを示す資料の提出を求めるようだ。恐らく大企業従業員以外が対象となるだろうから国民の95%に及ぶことになる。しかも、資料は一人ひとり各様だ。量的にも内容的にも判定は可能だろうか。現場が混乱するのは目に見えている。一方受給対象者は不公平を叫び出すに違いない。迅速性を重視すべきだから、結局一律支給がベストの選択になる。でも10万円では焼け石に水。

0 コメント

Dlifeよ、長い間ありがとう

今日は4月1日。エイプリルフールのジョークか、政府が各世帯に布マスク2枚を配るという。改正民法が施行され、食料品が値上げされ生活環境が変わる特異日だ。我が家にとってはBSテレビのDlifeが無くなってしまったことが一大事の出来事だ。Dlifeはディズニーが提供する無料放送で、海外のドラマやバラエティ番組が豊富だった。思い起こすと、アンダー・ザ・ドーム、エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY、華麗なるペテン師たち、キャッスル ミステリー作家のNY事件簿、グッド・ドクター 名医の条件、ジェシカおばさんの事件簿、SHERLOCK/シャーロック、スコーピオン、ナイト・マネジャー、バーン・ノーティス 元スパイの逆襲、Hawaii Five-0、ブラックリスト、ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言、マーベル エージェント・カーター、ミッシング、Major Crimes 重大犯罪課、メンタリスト、LUCIFER/ルシファー等々。日本のドラマより物語展開のテンポが速く、ワクワクとさせる切れのあるものが多かった。また孫たちはディズニーアニメを楽しんだようだ。Dlifeよ、長い間ありがとう。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。