2万人への引き上げの意味

案の定、五輪組織委員会が開会式の観客上限を2万人に引き上げることを検討中だとか。当初の開会式観客数は、一般チケット販売分9300人、スポンサーなど大会関係者への販売分1万500人、IOCや国会議員など貴賓客7300人で計2万7100人を計画していた。もし、無観客となれば、一般チケット販売分とスポンサー枠がカットされることになる。その結果、観客席にはIOCや国会議員など貴賓客7300人だけが座ることになる。それが放映されれば、全国民がIOCや五輪そのものに怒りを爆発することになる。スポンサーも黙ってはいないだろう。無観客は国民にとって安全安心な五輪とはなるが、菅にとっては衆院選の敗北に繋がることになる。そう考えると、菅が有観客に固執する理由がよく分かる。IOC貴族らを目立たさせず、無難に開会式を行なうには、観客数の水増しだ。木を隠すなら森の中へと言うわけだ。勿論安全安心は犠牲にする。2万人への引き上げは、菅と五輪組織委員会の「安全安心な五輪」が如何に空念仏であるかを実証している。

0 コメント

膨らむ五輪観客数

五輪の開催の是非は、無観客か有観客か、観客数の上限は、と五輪議論が変遷している。国民の7割が開催に反対しているというのに、いつの間にか五輪中止の選択肢が消えてしまった。尾身分科会会長が無観客が望ましいと表明したのに、有観客の議論に移り、今では5千人にするか1万人にするかの攻防だ。政府が1万人と言い出したので、1万人に決まるのだろう。でも、政府のやり方ではもっと膨らむはずだ。例えば、1万人とは個人が独自でチケットを入手した人と定義し、五輪スポンサーがキャンペーンでばらまいたチケットは別枠扱いをする。五輪関係者や報道関係者は勿論別枠だ。このようになし崩し的に入場者数は増える。実際五輪が始まれば2万人は超えるに違いない。有観客への圧力源は五輪スポンサーだという。もし、懸念の通り感染が拡大し再度緊急事態となれば、開催を強行した菅首相は責任を取って即辞任すべきだし、五輪スポンサーの不買運動も始まることになるはずだ。

0 コメント

大関朝乃山は如何に

子供の頃、立浪四天王の一人と言われた時津山が好きだった。理由は至極簡単。自作の紙相撲で優勝したからだ。子供は些細なことに拘りを持つ。その典型だと思う。勿論当時の時津山の戦績や容姿など全く知らなかった。それでも時々ラジオ放送の実況中継にドキドキしたものだ。その後柏鵬や花田兄弟の活躍で大相撲は面白かった。でも、その後は自分が大人になるにつれ、力士が小粒になった、力士が悪さをしている、横綱審議会が真っ当でなくなった等々で、大相撲に興味を失った。その中でも極めつけが相撲協会のモラールの低下だと思う。最近その相撲協会のモラールが益々低下したと感じる。大関朝乃山への処分内容だ。朝乃山はコロナ禍で協会の定めたガイドラインに違反した。本場所前に何度もキャバクラに通った。しかも、協会の聞き取りに何度も事実無根と嘘を通した。しかし結局事実を認め5月場所は途中休場し引退届けを提出したものの、協会は受理しなかった。その後出た協会の処分は、出場停止6場所と、6カ月間50%の報酬減額。出場停止6場所とは、大関から序の口3段目以下になることを意味する。朝乃山が引退届けを提出したのは、朝乃山に大関としてのプライドが残っていたからなのだろうと憶測出来る。一方協会の出場停止6場所は余りにも酷過ぎる。相撲協会はやりたい放題だと思う。今こそ、実質的に協会を支配している尾車親方を含め、協会の正常化を図るべきだと思う。

0 コメント

空席の方が順調に進む

丸川五輪相が妄言を連発している。4月に「五輪選手向けのワクチン優先接種は全く検討していないし今後も検討する予定は無い。私たちはワクチンを前提としない大会という準備をしている」と言っていたのに、ファイザーワクチンの無償提供が決まると嬉々として発表した。8日には、15日来日予定のコーツ調整委員長のスケジュールを聞かれると「まだ決まっていない。来るとは聞いていない」と否定。でもコーツは15日に来日した。その他コピペが横行しているのに「コピペが出回っている実態はない」とか、尾身会長の質問に対し「全く別の地平から見てきた言葉をそのまま言っても通じづらい」と意味不明な言葉を吐いたりした。要するに、丸川は五輪相なのに五輪の情報が入らないのだ。気位が高いので自分から取りにも行かないのだろう。そのくせ、状況も分からずに断定発言をする。丸川は夫婦別姓に反対だ。でも夫は大塚衆院議員なのに、自身は丸川と別姓を名乗っている。支離滅裂を絵に描いたような人物と言える。五輪相は空席の方が、事態は順調に進むはずだ。五輪関係では、橋本組織委員会長と山下JOC会長は台本を読むだけが仕事だ。これらも空席の方が良い。台本を書く脚本家が表に出れば、もっとスピーディーに物事は進むと思うのだが。

0 コメント

崩壊する都政

都庁OBのゴルフ仲間に入れて貰って10年近くなる。皆さんそれなりの地位にあった方々で、知的で温厚な人が多い。ところが、5年前に小池百合子が都知事なって築地移転問題が湧いてから、小池のやり方を非難する声を何度か聞いたことがある。当時は豊洲騒ぎは都政の欠陥か小池の空騒ぎかの判別がつかなかったので聞き流していた。でも、時が経つにつれ小池のやり方自体に問題があることを感じるようになった。最近、当時築地移転問題の担当次長だった人が「ハダカの東京都庁」を上梓した。小池都知事が東京都にもたらした7つの悪政を激白している。7つとは、人事権を振りかざす恐怖政治。女性登用という名の女性蔑視。密告を奨励し職員を分断する「職員目安箱」の設置。巧妙な情報操作とイメージ操作。隠れ浪費で都財政は火の車。横文字政策にはご執心だが、都市インフラには無関心。敵か味方か、単純な二者択一思考。結局都庁は小池に食い物にされたと結論している。話半分としても、都庁は人事も組織も財政も政策も、小池によってズタズタに引き裂かれたことが伝わってくる。一方でこの5年間の小池の実績は殆ど無い。任期はあと3年残っている。このままでは都の機能は麻痺してしまう。可能な限り早く政界という魑魅魍魎の世界へ送り返す必要がありそうだ。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。