千葉県民が一番悪い

房総半島を襲った台風15号の余波が今も続いている。強風で屋根を吹き飛ばされた家に台風19号が追い打ちをかけ、復旧が大幅に遅れている。でも被害が拡大し、かつ復旧が遅れている原因は台風だけではない。森田千葉県知事要因もかなり大きい。台風15号が猛烈な風台風であることは上陸する前から天気予報で知らされていた。だが、森田は何の事前指示を出さなかった。それどころか、翌日自宅の被害状況を確認するために職務を放り出し自宅に向かい引きこもってしまった。これをきっかけに森田の知事生活が次々と暴露されつつある。台風が上陸した当日に森田知事が登庁しなかったこと。初動対応が遅かったこと。普段から市町村長の面会を殆ど受け付けず現場の意見を吸い上げないこと。登庁してすぐ帰るくせに年間141日も休んでいること。政策に全く通じておらず、議会答弁でも事務方が用意した原稿をそのまま読むこと。知事と面会する人には県秘書課の職員が「知事には政治的な質問はしないでください」と釘を刺していること。自民党千葉県連が「森田はお飾りだから言いなりに出来て使い勝手が良い」と言っていること。これらの暴露を聞くと、台風翌日何故自宅に帰ってしまったのかがよく分る。県庁に出向けば無能さが露呈してしまう。隠れることこそ森田にとって最善策なのだろう。よくよく考えると、仕事も出来ないのに知事に立候補した森田が悪い。無能な知事を操る自民党千葉県連も悪い。無能さをリークしない県職員も悪い。でも、森田を選んだ千葉県民が一番悪い。

0 コメント

「民が主」と「民の主」の違い

ゲームのアプリは個人が楽しむものと思っていたが、中国では全く別の使い方があるようだ。中国共産党とアリババが共同で「学習強国」というアプリを開発した。習近平国家主席の指示、談話、画像が大量に収録され、クイズ形式になっている。「学習強国」とは「習に学んで強国になる」の意味。習近平思想を学び、クイズに答えてポイントを稼ぐ仕組みで、ポイントが高くなるほど習近平への忠誠度も高いと見なされ、仕事の業績の一部として評価されるという。当初の対象者は、共産党員や政府職員だけだったが、メディア記者の資格要件にも対象が広げられた。そのうち、全国民が対象になり、国民の思想統制が行われることになるのだろう。まさに、毛沢東語録の先を行く習近平語録なのだ。先日その習近平が上海を視察した際「全過程の民主」という言葉を用いて、中国式民主主義について言及した。重要な立法の決定は民主的な下相談を経て、科学的な決断や民主的な決断を通して決められると述べたのだ。言葉づらでは西欧の民主主義とそっくりだ。民主主義の無い中国にも民主主義が誕生するのかと思ったが、全く違う。言葉の定義が違うのだ。民主主義国家では、民主とは「民が主」だが、中国では「民の主」なのだ。言葉の壁が相互理解を難解にさせている。

0 コメント

問題多い血液クレンジング

血液クレンジングなるものが流行り出し批判を浴びているという。この療法の安全性や医療広告上の問題について、衆院厚生労働委員会で取り上げられた。血液クレンジングとは、100cc程度の血液を抜いて、体外でオゾンと酸素を混合し、また体内に戻すというもの。治療効果の謳い文句が凄い。疲労回復や美容だけでなく、免疫機能を活性化させガンに効き、血流を改善するため心疾患や脳梗塞を改善し、インターフェロンを産生するため肝炎やHIVにも効果があり、アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、リュウマチ、更年期障害、にも効果があるという。だが、問題が多い。まず、認可されていない自由診療だから効果があるのか分らない。治療効果が誇大広告で商法上の問題がありそうだ。血液を体内に戻すため血栓が生じる恐れがある。毒性のあるオゾンを体内に入れるため安全性に疑問がある。中世の西欧では瀉血療法が流行ったことがある。瀉血は単に患部の血液を抜くだけ。現代は殆ど行われていない。血液クレンジングは瀉血の現代版なのかもしれない。血液クレンジングで、抜いた血液にオゾンと酸素を混ぜると、青黒い血が鮮やかな赤色になる。ヘモグロビンが酸素と結合するから動脈血の赤色へと変色するのは当たり前だ。でも患者にはインパクト大。全てはプラセボ効果のなす術かもしれない。早急な安全確認が必要だ。

0 コメント

自分は誰?

医療技術が進化している。ES幹細胞やiPS細胞を使ってヒトの器官の小さな三次元モデルを生成する技術が花盛りだ。夢の再生医療だから、技術が進化することは人類にとって好ましいことではあるが、一方で倫理的な問題も含んでいる。ヒトの多能性幹細胞から作製する豆粒大の人工脳「脳オルガノイド」は、現代の神経科学で最も注目されている分野の一つだ。とうとう、その脳オルカノイドからヒトの未熟児と類似した脳波を検出したとカリフォルニア大学の研究チームが発表した。だが、脳オルガノイドに関する倫理規定はまだ存在していない。倫理よりも前に、脳オルカノイドの研究が一線を越えてしまったということだ。脳オルカノイドは今は試験管の中の世界だが、ヒトに適用される時代は目前だ。SF小説が現実になろうとしている。施術されると「自分は誰?自分は自分なのか?」と訳が分らないことになるかもしれない。早急な倫理ガイドラインの策定が必要だ。

0 コメント

ピッチング・ニンジャ賞って?

MLBのオフシーズン・ニュースが面白い。カブスのダルビッシュ投手は前半は振るわなかったが、後半は豪腕を生かして活躍した。サイ・ヤング賞は獲れなかったが、ピッチング・ニンジャ賞を受賞した。ピッチング・ニンジャ賞とは、現役メジャーリーガーや米メディアからもフォローされる名物セレブとして有名なフリードマン氏が自身のツイッターで発表するタイトルのこと。ダルビッシュの159キロの剛球が、捕手の股間に当たり、球審の喉にあたり、そして打者の背中に当たり、たったの1球で打者、審判、捕手をKOしたが、誰一人怪我はしなかったプレーが対象になったとのこと。成績だけでなくプレーを楽しむ精神に満ちあふれた賞だと思う。一方、今季の活躍度合いを金額換算し、年俸とのギャップを示した記事もある。ダルビッシュは+4億円で、年俸以上に貢献したと評価されている。因みに、大谷投手は+21億円、田中投手は-9億円。ファンはその評価に納得し、来季の活躍を期待するし、選手にとっては、+評価はインセンティブになるし、-評価は反省材料になる。日本でも同様の評価が行われれば、プロ野球も活性化すると思うのだが。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。