新型コロナウイルスと阪神・淡路大震災

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルス感染者は45人になった。日本でも1人、タイでも2人が確認された。中国では1月3日以降新たな感染例は無いとしているが、武漢市の感染者しか発表されていないので45人には疑問が残る。武漢市から帰国した感染者は、発熱したが検疫にひっかからず、ウイルスが分るまでに3つの医療機関を受診していたという。今のところ更なる感染は報告されていない。マスコミは感染を過度に恐れることはないと楽観視し始めた。でも、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは、昨年末の発生から12日までに市内の患者数は推計で1723人に上っていると発表した。中国発表の45人とは大きく乖離している。そこで昨日25年目を迎えた阪神・淡路大震災の当日を思い出した。午前6時のNHKニュースの地震についての第一報は「滋賀県で落ちてきた物に当たり老人1人が頭に怪我を負いました」だった。ところが、時間が経つと前代未聞の大惨事であることが伝わってきた。何故か自分には、新型コロナウイルスと阪神・淡路大震災の被害が重なってみえる。新型コロナウイルスを甘く見ず、用心に超したことはないと思う。

0 コメント

祝命名チバニアン

約10万年前の中期更新世の地質時代が「チバニアン」と命名されることが国際地質科学連合の理事会で「やっと」決まった。中期更新世と前期更新世の境界を示す代表的な地層として認められた。地球の歴史を117に分けた地質時代に、日本の地名が付くのは初めてのこと。チバニアンの概要について、このブログ「チバニアンの由縁」に書いたことがある。もう2年以上前のことだ。正式命名が遅れたことには理由がある。同じ地質学者の楡井茨城大学名誉教授を会長とする研究団体「古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会」が反対したからだ。当初楡井は推進する立場にいたが、途中からねつ造があるとして反対の立場に回った。それからは、現場の借地権を買い上げたり、立ち入り禁止にしたりして、研究を妨害し、異議を申し立てていた。結局、その異議は退かれ、目出度く正式命名となった次第。それにしても、楡井は何故このように執拗な妨害をしたのだろうか。もし、ねつ造があったのならば、それを実証すれば事が足りる。それでも体を張って妨害するとは、嫉妬以外の何物でもなさそうだ。研究は、真実を明かすためなのか、他人の誉れを消滅させるためなのか、が問われそうだ。

0 コメント

南海スロースリップへの対処

物騒なニュースが飛び込んできた。南海トラフでスロースリップが観測されたとのこと。東大と海上保安庁が、初めて南海トラフでプレートの境目がゆっくりと動くスロースリップを捉えたと発表した。スロースリップとは、プレートとプレートの境目がゆっくりとずれ動く現象。地震波を出さずに溜まった歪みを解放するため、揺れを感じない。でもその影響は強烈だ。スロースリップという言葉で思い出すのは3.11東日本大震災。本震が起きる2ヶ月前からスロースリップが起きていた。スロースリップが、あの大規模な大震災の引き金になり、かつ規模拡大に繋がったと記憶している。だが、今回はスロースリップと大地震との関連性は不明と言っているが、それで良いのだろうか。南海トラフ地震は、マグニチュード9、最大震度7、九州から東海という広域で、10m以上の津波が襲い、犠牲者は30万人以上と推測されている。日本は過去30年間も全てのことを先送りしてきた。全てのことに後ろ向きだ。でも、自然災害は先送り出来ない。前向きに取り組む方策は無いのだろうか。

0 コメント

シューズ規制の是非

世界陸連がナイキのランニングシューズ・ヴェイパーを使用禁止にするかもしれないというニュースが広まっている。あのピンクやオーロラ色の厚底シューズだ。マラソンの世界記録保持者や日本記録保持者や箱根駅伝の区間記録更新者が履いていた。反発力に優れたフォームで挟んだカーボンファイバー製のプレートを内蔵し、ランナーに足を押し出す感覚を与え加速させるという。何故使用禁止にしようとするのだろう。シューズ技術は時代と共に進化するものだ。アベベは裸足だった。地下足袋が運動靴になり、各種スポーツに合う専用のシューズが開発され、競技も高度化されてきた。ナイキのヴェイパーも、進化の過程の一部分に過ぎないと考えるべきものだと思う。世界陸連は、もしヴェイパーを使用禁止にするとしても、他のシューズをどのように区別し規制するのだろうか。区別出来る訳がない。短距離選手も独自に開発されたシューズを履いている。トラックの材質だって、競技場毎に仕様が異なる。元々スポーツに平等などという概念はない。反則にならない範囲で、各選手が工夫を凝らして有利になるように戦う競技だ。世界陸連はスポーツの本質を誤解していると思う。

0 コメント

目覚まし地震

今日はゴルフに行く日。だから、枕元にスマホを置きタイマーを5時40分にセットしておいた。ところが、4時55分頃にけたたましく鳴り出した。何事ぞと思った。緊急地震速報だ。前後して地震が発生した。最初はプツンと糸が切れたような振動があり、少し経ってから衝き上げるようにドカンときた。9年前の東北地方太平洋沖地震と似ている。ついに再来したのかと覚悟した。だが揺れは長続きせずおさまった。地震被害も無く、ゴルフに行けるのはラッキーだと思った。ゴルフから帰ってきてネットを見ると、この地震の予測情報を発信していた研究機関があったとのこと。民間の地震研究機関ブレインが、巨大地震の事前予測情報を提供しているメルマガ「最新WEEKLY地震予報」だ。1月8日から14日の間に関東地方でマグニチュード5の地震が発生すると予測していた。的中だ。この地震予報の的中率は80%の実績があるという。3種前兆地震予知法といい、地電流の異常値、低周波音の発生、マグニチュードと累積発生回数を総合判定して予測するという。動物が地震を予測する仕組みを上手く科学的手法に置き換えたようだ。今では地震を予測する方法は数々ある。多くの研究機関が地震学会に参集し、切磋琢磨して信頼性の高い地震予測技術を確立すべきだと思う。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。