捜索ボランティア

周防大島で12日から行方不明になっていた2歳の男の子が、3日目の今朝無事に保護された。たった100mしかない帰省先の曽祖父の家に戻る途中で行方が分からなくなった。13日も14日も捜索隊は約160人態勢で近くのため池や水路や空き家を捜索したが、手掛かりは見つからなかった。母親は懸命に無線で呼びかけた。海上保安署も巡視艇を出し海上を捜索した。でも見つからない。15日の朝、大分県から来た78歳の捜索ボランティアが捜索に加わり、何と捜索開始20分後に男の子を発見したとのこと。発見場所は家から700m離れた山の中の沢。水と木陰が幼い命を守ったようだ。78歳の捜索ボランティアの男性は「人間っていうのは下に下りるよりも上に上がる方が好きだから、今から山側を重点的にやる」と捜索を始めたとのこと。捜索隊は「2歳の子供だから近くにいる」という思い込みがあったのだろう。でも78歳の捜索ボランティアは「人間は上に上がる方が好き」という人間心理を基にしていた。きっと、子供の気持ちにもなり切れる78歳なのだろう。いま我が家に3歳の孫が遊びに来ている。この孫よりも小さい2歳なのかと思うと、無事見つかったことが奇跡に思えてくる。何より良かったと思う。

0 コメント

スクスクと育つ孫たち

今日は6人の孫たちが我が家に泊りがけで遊びに来る日だ。真っ先に到着したのが小学4年の男の子。今までは父親の運転で家族一緒に来ていたが、朝になって「一人で行きたい」と言い出したという。電車を乗り継いで「初めてのお使い」気分だ。最寄りの駅に着いたら我が家に電話をすることになっていた。だが、定刻を過ぎても電話が来ない。さては、電車を間違えたか、電話するのを忘れたかと心配になった。定刻から10分ほど過ぎてから「あと1分で着くよ」との電話。駅から我が家まで5分はかかる。「あと1分」との電話で益々心配になった。ところが、電話が切れた途端に我が家の門から「着いたよ」と、元気な声がした。あとで聞いたら、ジジババを驚かそうと思ってわざと我が家の前まで来て電話をしたとのこと。孫はジジババが思うほど幼くはなく、立派にスクスクと育っていた。孫たちはiPadが好きだ。今までは6人の取り合いになっていたが、今日は自分たちでルールを決めて、順番を抜かされ泣き出す子もなく楽しんでいた。iPadの使い方など教えたことなどないのだが、小学4年の男の子は独自で新しいアプリをダウンロードしたり、削除したりiPadを自由自在に扱っていた。孫たちはこの種の電子機器を感覚的に使いこなす。孫たちの成長の早さにも驚いたが、同時にスティーブ・ジョブズの偉大さにも感銘を覚えた。

0 コメント

日焼けの是非

夏になれば日焼け止めが必須。そう考えるようになったのは年を取ってからだ。でも若い頃は、如何に綺麗に小麦色に日焼けするかを競っていた。当時のコパトーンは時代の先を行く若者のステイタスというか憧れだった。だが、時代は変わった。日焼けは皮膚がんを誘発する悪者になった。だから日焼けさせないことが常識だ。日焼け一つを取っても考え方が随分変わったと思う。ところが、更にその先を行く考え方が現れたようだ。日焼け止め薬が傷ついたDNAを修復し、皮膚がんを抑える効果があるという。その原料を化粧品で有名なエスティローダーが秘かに提供しているらしい。科学的な話になる。元来全ての生物はDNAを修復する酵素を体内で合成する能力が備わっていたが、ある時点から哺乳類にはその能力が無くなってしまったとのこと。DNA修復酵素であるフォトリアーゼはプランクトンや藻類などから抽出するようだ。現在フォトリアーゼは日焼け止め薬に含有された状態で販売されている。米食品医薬品局FDAが薬品として認可を与えなかったからだ。FDAは予防医療よりも治療目的の治験に力を入れている為だという。予防医療を軽く見るのはおかしな考えだと思う。

0 コメント

被害者は従業員

無借金経営の優等生だった大塚家具が落日を迎えている。一代で大塚家具を築き上げた父と、ニュービジネスモデルへの変更を目指す娘が経営権を巡って繰り広げられたバトルが3年前。高級路線の継続を志向する父が負け、ニトリに毛の生えた中級路線を目指す娘が勝った。父は社外に放出されたが匠大塚を設立し高級路線を継続。一方娘の思惑は外れ赤字経営が続いている。現預金は、3年前の115億円から18億円まで減少。有価証券も切り売りを続け、71億円から27億円にまで減った。まるでタコが己の足を食べて食い繋いでいるのと全く同じ。大塚家具の身売り交渉が進んでいる。何故落日を迎えてしまったのだろう。理由は色々ある。高級家具そのものの需要が減少している。売れ行き好調の安いニトリに較べ中級品は中途半端過ぎる。高級という看板を外してしまったから上客からは見限られ、ニトリ志向の一般客は見向きもしない。父娘喧嘩がブランドイメージを大幅に悪化させた。もし客が今の大塚家具の家具を買えば、友人たちから「何で」という白い目で見られてしまう。諸悪の根源は、派手な父娘喧嘩にあったと思う。意見が対立しても、父と娘が手を合わせ高級路線の生き残り策を模索すれば、これほどまでの経営悪化には陥らなかったに違いない。被害者は顧客ではない。従業員こそ真の被害者だ。罪深い父娘喧嘩だと思う。

0 コメント

正直、公正な政治家などいない

石破元幹事長が自民党総裁選への立候補を正式に表明した。総裁選のキャッチコピーは「正直、公正、石破茂」。何か変だ。議員の7割以上を制した安倍と戦うために相手の弱点を突こうとする意図はよく分かる。でも、安倍に対し「正直、公正」と旗を揚げるということは「安倍は不正直だし私利私欲に溺れている」ということをアピールしているに過ぎない。地方票の取り込みを狙っただけで主義主張や政策の中身が無い。こんなことで勝てるとでも思っているのだろうか。結果として、このキャッチコピーが石破の地方票を減らすことになるに違いない。総裁選を戦うには、まず政策だ。第一に政策の違いを際立たせることに尽きる。政策に新鮮味や希望があれば、人は嫌でもついてくるものだ。更に人間としての信頼性が認められれば鬼に金棒となる。しかし、残念ながら、石破にはパッとした政策も無いのが致命的だ。自分は石破を好きではないが、安倍よりはマシと思っている。だから石破を貶している訳ではない。もっと頑張ってほしいと思うからこそ、厳しい言葉で声援を送っている。そもそも、政治家が「正直、公正」とアピールすることには違和感があり過ぎる。この言葉は必ずブーメランとして返ってくる。結局、石破の戦術ミスであえなく敗退となりそうだ。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。