夢の中のかぼちゃの馬車

金融庁がスルガ銀行への緊急立ち入り検査を始めたとのこと。スルガ銀行と言えば、収益力では地銀のトップクラスだ。昨年森金融庁長官が、カードローンや住宅ローンなど個人向け商品に特化したスルガ銀行の積極的な経営姿勢を「地銀の新ビジネスモデル」と高く評価していた。それが一転して立ち入り検査とは驚いた。森長官に眼識が無かったのだろうか、それともスルガ銀行が欺いていたのだろうか。事の発端は「かぼちゃの馬車」。「かぼちゃの馬車」とは、不動産会社スマートデイズが運営する首都圏の女性専用シェアハウス。同社のセールストークは「頭金なしで投資ができ、30年間家賃収入を保証する」こと。オーナーはスルガ銀行からの融資を受けてシェアハウスを建設。スマートデイズが一括借り上げたうえで女子学生らに転貸し、一定の家賃をオーナーに支払う。ところが年初からオーナーへの賃料の支払いが突然停止され大騒ぎになった。既にスマートデイズは東京地裁に民事再生法の適用を申請した。オーナーにとっては大問題だが、もっと大きな問題が隠れていたようだ。オーナーらはスルガから融資を受ける際に、スマートデイズに預金通帳の写しなどを渡し、銀行との手続きを一任。ところが、通帳の写しが改ざんされ審査が通り易くなっていた。殆どのオーナーはスルガから、金利7.5%のフリーローンで1億円を借り入れていたようだ。利払いだけでも年間750万円もする。スルガは「かぼちゃの馬車」関連で1000億円規模の融資をしているという。不法融資がスルガ銀行とスマートデイズのグルで行われたのは間違いなさそうだ。金融庁長官の目の節穴とスルガ銀行のあくどい消費者金融化が事態の悪化に拍車をかけたようだ。オーナーらは「かぼちゃの馬車」と聞いた途端に、自分はシンデレラではない、これは童話の夢物語だと気付くべきだったのかもしれない。夢は覚めるものだ。

0 コメント

問題提起の活動家に

セクハラ問題の福田財務事務次官の辞任が決まった。当人は「辞任理由は職務の遂行が出来なくなったからで、セクハラ問題ではない」とコメントしている。一般的に考えて、セクハラではないと言い張るのであれば、辞任する必要はないと思うのだが。佐川証言は闇の中だったが、今回は証拠の録音がある。決定的な証拠があるにも係わらず悪あがきをするのは、持って生まれたセクハラ気質によるものなのかもしれない。問題の経緯は以下の通りらしい。テレ朝の女性記者が取材のため福田と一対一で何度か会食をした。その度福田がセクハラを繰り返すので、女性記者は身を守るため録音を取った。テレ朝上司に放送するよう求めたが、テレ朝は拒否。女性記者は被害の黙認を恐れて週刊新潮に連絡し、取材を受けると共に音声データを提供。それを新潮が記事にした。この事件は一女性記者だけのセクハラではなく、色々な問題を含んでいる。一つは、政府官僚の不祥事を報道しないテレビ局の体質。政府官僚に歯向かえば、官僚垂れ流しニュースが貰えなくなる。記者クラブの存在が諸悪の根源だ。一つは、国会議員のセクハラ認識。長尾衆院議員は抗議する国会女性議員に対しツイッターで「セクハラとは縁遠い方々です」と書き込んだが、批判を受けて謝罪。もう一つは、国会議員の非常識さ。下村元文科相が「録音し新潮に渡したことは、ある意味で犯罪だ」と発言。最早頭の中の回路が壊れているとしか思えない。一方、テレ朝の宇賀なつみアナウンサーは立派だ。テレ朝の放送中に、福田セクハラを報道しないテレ朝の体質を批判した。勿論、長尾衆院議員の言動に対してもセクハラの根源だと批判。財務省を去る福田は、天下りなどせずに、今後は「問題提起の活動家」になれば良い。少なくとも、その才能はあるのだから。

0 コメント

不要なマラソン強化リーダー

来年4月からのプロ転向を表明した男子マラソンの市民ランナー川内優輝選手と瀬古との対談があった。川内選手は先日のボストンマラソンで優勝したが、東京五輪出場には否定的だ。一方、瀬古はボストンマラソンを2度制覇した実績のある日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダー。瀬古は川内を持ち上げ「MGなんちゃらに出てほしい。俺が頭を下げたら出てくれる?」と川内に東京五輪最終選考会のMGCへの出場を迫る。プロ転向について「片手間ではマラソンの世界では戦えない。もっと早くプロになってほしかった」と言う。更に「大迫や設楽は期待通りだったが、川内がボストンで勝つとは思わなかった。本当に嬉しい。川内も日本代表になれば日本も戦える」と言っている。この記事を見て、自分は瀬古の強化戦略プロジェクトリーダー任命は間違いだったと確信した。最終選考会を「MGなんちゃら」と表現するリーダーは、陸連が決めたMGCの重要性を理解していない。「俺が頭を下げたら」という勧誘は高圧的でかつ高慢だ。昔の実績という威光で現役選手が動くとでも思っているのだろうか。今になって「もっと早くプロに」と言うのならば、何故もっと早く川内にサジェスチョンしなかったのだろう。「川内がボストンで勝つとは思わなかったが、勝ったから代表を目指してほしい」とは、今まで川内の実力を見損なっていたからだと言える。結局、瀬古は選手の強化方法が分からない。強くなる選手の素質を見る目も無い。全て結果頼りの後追いだ。強化戦略プロジェクトリーダーによる、東京五輪への実力かさ上げは望みようもない。ただ選手個人の努力を願うしかない。頑張れ、大迫、設楽、川内選手。

0 コメント

お詫びをする場所、相手、内容の誤り

安倍首相が首相主催の桜を見る会で「決裁文書改ざんやセクハラ問題など、国民の皆様の行政に対する信頼を揺るがす事態となっております。行政の責任者として、その責任を痛感しているところであります。改めておわびを申し上げたいと思います。膿を出し切って組織を立て直していく」と述べたという。場所は新宿御苑、相手は名古屋のキャバ嬢を筆頭とするタレントたち1万7500人。お詫びをするには場所も相手も取り違えている。しかも、お詫びの対象に本人と昭恵夫人が含まれていない。最早、お詫びの安売り、というよりはバナナの叩き売り同然。お詫びと言えば国民感情が和らぐとでも思っているのだろうか。この空々しいお詫びが更に国民の反感をかうことになるはずだ。一体全体1年間も国会を空白状態にさせたのは誰だと思っているのだろうか。もうそろそろ真実を明かすべきだと思う。欧米では証言するときに神に誓ってウソはつかないと宣誓する。それがウソをつかない歯止めになっている。だが日本では「叶わぬ時の神頼み」という諺がある。ひょっとすると、国会議員の靖国参拝は「ウソを隠し通せますように」との願い事なのかなと思うようになってきた。

0 コメント

コンパクトシティに逆行だと?

中国では1億人の農民を中規模都市の周辺に移住させ、経済活動を行わせることでGDPを押し上げようとする計画が実行されている。NHKスペシャルで放映されていた。中国では都市と農村で戸籍が分かれており、その差だけで行政サービスも教育の質も違うという。農村から都市近郊に移住させられる農民は、田舎の助け合う仲間の絆が破壊されただけではなく、相変わらず都市市民の食糧供給のための奴隷という存在で生活もままならない。この政策で農民は得るものは無く、益々虐げられる運命だ。一方日本国内ではどうだろうか。少子高齢化に伴い、都市部に都市機能や高齢者を集めて効率化をはかるコンパクトシティが推奨されている。富山市などがその最先端を行っている。自分は既にもう年寄りだから、富山方式は賢い対策だと思う。ところが、日本の各地ではコンパクトシティに逆行し、周辺開発が盛んだという。しかも、自治体がその動きを黙認しているという。だから地価が安い郊外開発が進み、公共インフラが後追いすることになる。益々自治体の経費は増すばかりだ。これをスプロール現象と呼ぶらしい。中国では国の力が強すぎてしわ寄せが農民に来ている。一方日本では国の力が弱すぎて効率化が図られず暮し易さは遠のくばかり。少子高齢化に対する骨太な大方針は出来ないものだろうか。情けない限りだ。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。