NEW!   久し振りにSF小説「Invisible World」を書いたので星新一賞に応募しました。

月に存在する水の意義

トランプが「次は火星だ」と言っていたが、今や世界の注目は「火星ではなく月」に置き換わったようだ。宇宙開発の動機が、科学的な興味から、実利的な目的にシフトしているためらしい。80カ国以上から6500人が参加した国際宇宙会議で中心の話題になったのは「火星」ではなく「月資源探査」と「月開発」だったとのこと。その要因はたった一つの発見。月に水が存在するという事実だ。アポロ以来、月面の詳細な地図を作った「かぐや」が月探査の幕開けを飾った。世界で初めて地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してサンプルを持ち帰った「はやぶさ」も、宇宙技術の最先端を走っている。まさに宇宙開発は日本を中心に回っているとも言えそうだ。素晴らしいことだが、そこで疑問が湧いた。月の水の存在が、何故火星から月にパラダイムシフトさせたのだろうかと。月にある水は飲み水ではなく燃料として価値があるためだという。宇宙では、飲み水はリサイクルされる。必要な分だけ持っていけば事足りる。でも燃料は使えば尽きてしまう。予め復路分を持っていくのは重荷だ。でも、月の水を電気分解すれば、燃料としての水素が得られる。復路の燃料だけではなく、月面でのエネルギーの元になる。そう言われると「月にある水」の発見は、時代を変える一大ページェントだ。知らなかった!

0 コメント

地球の衛星の数は何個?

地球の衛星は月の他に2つあることを確認したという。研究成果がMonthly Notices of the Royal Astronomical Societyに掲載された。この学術誌はOXFORDによるものだから、満更与太話でもなさそうだ。論文によると、地球から40万kmで、月までの距離と同じくらいの位置に潜んでいた謎めいた天体を、ハンガリーの研究チームが捉えたという。天体は全て塵で出来ていて雲のようなもので、今までの技術では存在が確認出来なかったが、特殊な偏光フィルターで散乱光を捉えたようだ。大きさは約10万km×7万kmで、地球の直径の9倍もあるという。地球の衛星が月以外にもある可能性は、何世代も前から天文学者たちが示唆している。地球の周囲の軌道には安定した特別な点が5つある。ラグランジュ点と呼ばれている。この2つの衛星の発見もラグランジュ点にあるはずとの考えが基になったとのこと。宇宙開発を進める各国は、ラグランジュ点に人工衛星や宇宙望遠鏡を置く計画があるという。火星に行く中継点としても注目されているとか。ひょっとするとあと3つの衛星が見つかるかもしれない。地球の衛星が6つになったら、どのような名前をつけるのだろう。夢は宇宙のように果てしなく広がっていく。

0 コメント

優勝ラッシュの一日

スポーツの秋真っ盛りだ。フィギュアスケート女子の紀平梨花が日本勢初となるGPシリーズ初出場初優勝を果たした。何と技術的にも浅田真央を超えた。宇野昌磨もNHK杯初出場で初優勝を決め、GPファイナルへの出場権を確保した。スポーツクライミングのアジア選手権のリードでは、男子の藤井快が優勝した。女子のボルダリングでは伊藤ふたばが初優勝を果たした。トランポリンでは2人の同調性などを競う女子シンクロナイズドで、森ひかる・宇山芽紅のペアが全種目を通じ日本女子史上初の金メダルを獲得した。更にサッカーのACLでは鹿島が優勝し、アジア王者のタイトルを得た。紀平梨花と伊藤ふたばは共に16歳。森ひかるは19歳で、宇野はまだ20歳。まさに若い力が躍動している。しかも、同じ日の出来事だから、何とも言えないパワーを感じる。今日は11月10日。少し前の暦で言えば、一月遅れの「体育の日」。フレーフレー若人たち!

0 コメント

「ねじれ」の効果

米国の中間選挙が終わった。民主党が下院を制し、上院は辛うじて共和党が生き残った。日本のマスコミは民主党の勝利と褒め称えている。自分もそう思う。ところが、当のトランプは「歴史的な大勝利だ」と言い、安倍首相も「おめでとう」と祝電を打った。何だか変だ。トランプは本当に勝利したと思っているのだろうか。トランプの内心は分からないが、行動で分かる。即座にCNN記者を出禁にした。更にロシアゲートを追求するかもしれない司法長官を更迭した。恐らくトランプは負けたと思っているに違いない。そこに、安部が「歴史的な大勝利おめでとう」とおべんちゃらの電話か電報をした。この行為はまさに恥の上塗りと言える。でも、そんなことはどうでも良い。問題は「下院が民主党で上院が共和党が多数なこと」だ。日本では、これを「ねじれ」という。「ねじれ」ると物事は決まらない。政治が停滞することになる。でも、今の日本は安部一強だから、国民の意思とは関係なく物事が決まっていく。だが、多くの国民は、それを良しとしない。と言うことは「ねじれ」を望んでいるといことになる。今後米国は「ねじれて停滞する」のだろうか。米国は「ねじれるが故に」議論が発展するように思えるのだが。

0 コメント

不正入試の変な救済策

東京医科大が不正入試問題で本来なら合格ラインを上回っていたのに不合格となった受験生の救済策を発表した。対象受験生は101名、そのうち女子は67名だった。ところが東京医科大は101名のうち63名を上限に入学を認めるという。何か変だ。筋が通っていない。本来101名は合格しているのだから、無条件で入学が許可されるべきものだ。しかし、医学科の定員は90名と限定されている。定員を増やすには文科省の許可や、大学側の設備などの受け入れ体制の整備も必要だろう。定員増の対策を取らないのであれば、来年90名を受け入れ、残りの11名は再来年入学と迷惑料の支払いで示談すべきものだと思う。この問題の非は一方的に大学側にある。上限の63名の根拠が曖昧だ。誠実さが感じられない。同大の元受験生や支援者らでつくる「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」が対象者が入学を希望した場合、全員を入学させるよう求めたのは当然だと思う。身から出た錆は、自ら拭うしかない。上限は撤廃し、101名の救済を最優先すべきだと思う。

0 コメント


過去のブログは左上欄のブログ目次を参照して下さい。